株式会社ミルスペース:湘南・藤沢、不動産賃貸事業・駐車場経営・飲食店経営・マリンスポーツクラブ経営

〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢973番地 相模プラザ第3ビル6階

私の人生 回想の譜 ―父の著作『蛍雪之譜』に続いて 田中正明

商工会議所の活動について

 

副会頭としての活動

藤沢商工会議所副会頭に就任

平成15年11月、藤沢商工会議所副会頭に選任され就任いたしました。

 

江ノ島歌舞伎推進実行委員会副委員長へ

江ノ島弁才天は歌舞音曲の神様と云われ、古くより歌舞伎との関わりが深かったこともあり、平成11年に江ノ島大歌舞伎、平成14年に第一回「江ノ島歌舞伎フォーラム公演」が開催され好評を博しました。平成17年に第二回を開催することで実行委員会が立ち上がり、副委員長に任命されました。その後回を重ね、平成23年には第五回公演が計画されています。

 

湘南国際マラソン準備委員会と実行委員会副委員長へ

平成16年から準備委員会委員をつとめていた湘南国際マラソンの実行委員会が立ち上がり、平成18年4月、副委員長に任命されました。平成19年3月18日、スタート・ゴールを江ノ島島内とするフルマラソンと10キロメートルマラソンを主競技に「2007湘南国際マラソン」が、参加者総数一万二千名強で盛況裏に開催されました。
しかし2008湘南国際マラソンからは、スタート・ゴールは大磯プリンスホテルに変更されました。

 

湘南藤沢市民マラソンの実行委員会副委員長へ

その後、藤沢市民の熱い思いが実り、市民マラソンを藤沢市制施行七十周年記念事業で開催できることになりました。名称は「湘南藤沢市民マラソン」で、私は平成22年5月に実行委員会副委員長に任命されました。「湘南藤沢市民マラソン」は平成23年2月27日に開催、10マイルマラソンとして、主会場を江ノ島島内とすることで決定されました。藤沢市制施行七十周年記念事業に相応しい盛大な開催を祈念しております。


かながわ産業活性化懇話会委員へ

平成17年、神奈川県商工労働部新産業振興課の主催する神奈川県かながわ産業活性化懇談会の委員となり、懇話会に出席しました。「かながわ産業活性化指針」の検証、提言、助言を行う会議は重責でしたが、平成19年3月に改定素案原案を作成して責務を果たしました。

 

地域資源活用事業推進委員会委員長へ

平成17年5月に藤沢商工会議所は「地域資源活用事業推進委員会」を設置し、私は委員長に委嘱されました。この委員会は、藤沢地区の地域資源である「遊行寺」を活用した事業を行うことにより、藤沢地区の商業、観光の振興を図ること、さらには遊行寺の時宗を発祥とした盆踊りのイベントを開催、地元商店街の活性化を促し、賑わいの創出を図ることを目的とし、全国の著名な盆踊りの調査・研究、誘致活動、試験的なイベントの検討を行いました。平成17年9月、遊行寺境内で(仮称)「藤沢宿と遊行の盆」地域資源活用事業プレイベントを開催、成功いたしました。平成18年7月に「藤沢宿・遊行の盆」として第一回が開催され、地域資源活用事業は藤沢宿・遊行の盆実行委員会が主催となり、私は運営委員長に就任しました。現在も「藤沢宿・遊行の盆」は毎年盛況に開催されています。


犯罪のない安全・安心まちづくり対策会議委員へ

平成18年6月、第一回「犯罪のない安全・安心まちづくり対策会議」が発足、私は藤沢商工会議所を代表して委員に就任しました。目的は、夏に江ノ島周辺問題特別課題として、海岸地域のパトロール、冬には都心部の繁華街浄化特別課題として、藤沢駅前、あるいは湘南台駅前のパトロールの実施で、防犯団体と一体の活動で有意義な仕事と考えています。


藤沢商工会議所創立六十周年記念事業の開催

平成19年5月26日、藤沢商工会議所創立六十周年事業が実施されました。市民会館大ホールでの記念式典、記念事業の加藤登紀子コンサートに参加でき、大変光栄に感じております。

 

藤沢商工会議所副会頭としての現在の任務

現在取り組んでいる最重要の任務は次の通りです。
平成21年6月 藤沢市都市マスタープラン策定協議会 委員
平成21年8月 藤沢市総合計画審議会 委員
平成22年5月 藤沢駅周辺地区再整備構想検討委員会 委員
いずれも責任重大ですが、役割を無事果たしたいと願っております。

 

 

惚太郎