株式会社ミルスペース:湘南・藤沢、不動産賃貸事業・駐車場経営・飲食店経営・マリンスポーツクラブ経営

〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢973番地 相模プラザ第3ビル6階

沿革


創業者 田中勇吉

二代目 田中重五郎


三代目 田中喜一


代表取締役社長 田中正明
大正06年 相模平野一帯で収穫された小麦原麦を処理するため、小麦粉製造を目的とする「合名会社相模製粉」を設立。
大正13年 関東大震災により工場倒壊、再建のため株式会社に改組「相模製粉株式会社」となる。
資本金900万円。以降、戦前戦後を通じて50有余年にわたり、政府の食糧行政の一翼を
担い、パン・麺・菓子の需要家に小麦粉を供給。
昭和44年 工場の場所が駅前立地となり公害問題対処のため移転を計画。将来展望より港湾地帯へ
の進出を意図したが立地難により断念。全社員協議の末、痛惜の念で製粉業の廃業を決定。
昭和45年 工場跡地を有料駐車場にして再出発。資本金1,500万円に増資。
昭和48年 鉄骨造2階建建物を新築し、藤沢520番地から973番地へ本社を移転。
昭和49年 「相模パーキング」完成(立体駐車場190台収容)
「相模プラザ第1ビル」完成(地下1階・地上6階建)、一括賃貸ビルとして(株)ダイエーに賃貸、「ダイエー藤沢店」として開店。 ここに事業目的の主軸となる不動産賃貸、駐車場経営が固まる。
昭和50年 果樹・園芸植物の販売を目的とした「相模フラワー」を開業。
昭和51年 資本金を2,000万円に増資。
昭和52年 複合ビル「相模プラザ第2ビル」完成(地上3階建)。1階テナントの他、直営事業として不二家洋菓子・喫茶、不二家レストラン、宴会場、
貸室などを新規開業。洋菓子の販売、飲食店経営を事業目的に追加。
「相模パーキング」増設(地上5階建、220台収容)
昭和58年 本社を「相模プラザ第2ビル」内へ移転(藤沢970番地)
昭和62年 第3ビル建設のため「相模フラワー」を廃業。
昭和63年 オフィス専用テナント向けインテリジェントビル「相模プラザ第3ビル」完成(地上6階建)
藤沢市の要請により、モーターバイク専用駐車場を開設(延収容台数50台)
平成元年 「(株)リゾートピュア・ピュアスポーツクラブ」設立(資本金4,000万円)
マリンスポーツを目的とした諸施設を完備、その他ショップ、レンタル業、スクール、
レストランを併設した会員制の「ピュア・スポーツクラブ」開業(片瀬海岸東浜)
平成05年 「(株)リゾートピュア・ピュアスポーツクラブ」を「相模製粉株式会社」に合体し
吸収新業態店舗を目指し、お好み焼き「一心」を開店(相模プラザ第2ビル1F)
「相模製粉株式会社」から「株式会社ミルスペース」に社名変更
平成07年 お好み焼き「一心」を風流お好み焼き「惚太郎」に店名変更
平成12年 「相模プラザ鎌倉」完成。
風流お好み焼き「惚太郎」鎌倉小町店出店。一部テナント。
平成13年 「レストラン不二家」廃業。スペイン料理「タパタパ」に業態転換。
平成18年 9月「相模プラザ第5ビル」(直営店及びテナントビル)「MSパーキング南口」完成。(藤沢市鵠沼石上1-3-3)
風流お好み焼き「惚太郎」藤沢南口店出店(1、2階)、
イタリア料理「チェーナ」出店(地下1階)。
平成22年 「相模プラザ第2ビル」売却に伴い、本社を「相模プラザ第3ビル」内へ移転(藤沢973番地6階)。
風流お好み焼き「惚太郎」藤沢北口店閉店。
スペイン料理「タパタパ」を閉店し、ワイン食堂「タパタパ」に業態転換(「相模プラザ第5ビル」地下1階に出店)。
イタリア食堂「チェーナ」閉店。
MSパーキング閉鎖。



惚太郎